スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月刊ダイバー4月号発売中! by.ひろい

山口達也さんがかっこよく表紙を飾ってくれた「月刊ダイバー4月号」が発売中です

divercover201604go.jpg

かっこいいと言いながら、webではその姿をお見せできないのが残念ですが・・・
ぜひ書店でご覧ください

山口さんといえば、日本テレビの「鉄腕DASH!」や「ZIP!」でも活躍中で、番組内ではよく海にも潜っていますよね
ちょうどこのダイバーが発売になる前日には、枡アナウンサーと宮城の海に潜る回が放送されました
なんと、今月号のロケでも撮影を担当している鍵井靖章さんも登場!
震災から5年、宮城の海の中はどうなっているのか?スーパーアイドル・ダンゴウオに会えるのか?
とても興味深く、楽しく拝見しました
その山口さんが、今月号の巻頭特集で潜ったのは………

神奈川県・葉山の海です

関東圏のダイバーにとっては、馴染みの深い身近な海で、山口さんが潜ったなんて〜
そして富士山をバックに、海に立つ山口さんのかっこいいこと
スペシャリスト感がありますよね〜

ダンゴウオやウミウシ、海藻など賑やかな春の葉山をナビゲートしてくれています

他にも、沖縄の年間計画、リゾート滞在で楽しみ方が進化したガラパゴス、チュークに奄美大島、震災から5年の石巻&女川など魅力的なディスティネーションが満載です

そして、もう一つ大注目なのは………

本誌初の試みとなる「プロ愛用の器材ランキング発表」

ダイビングガイドやインストラクター、水中カメラマンなどダイビングのプロたちに聞いた“自分史上最高器材”をランキングで発表しちゃったのです
私みたいなペーペーダイバーが使うのとはまた違うとはいえ、やっぱりスペシャリストたちが実際にどの器材を使っているのか?というのは気になります
気になるランキング結果はぜひ誌面でチェックしてください

ちなみに、主要ダイビング器材メーカーが集結し、最新器材などを発表した「DIVE BIZ SHOW2016」の模様は、ダイバーオンラインでリポートしています!欲しくなる器材がいっぱいでしたよ
そちらもぜひ見てくださいね
https://www.diver-online.com/special/detail/id/5773/

また、今月号は注目のインタビュー記事が3本も
1人目は、「悼む人」で直木賞を受賞した天童荒太さん。
最新作「ムーンナイト・ダイバー」は、津波に襲われ、汚染で立ち入り禁止になっている海が舞台。そして主人公は、置き去りにされた海に、大切な人につながる品物を探しに潜るインストラクター。
ダイバーにとっては、より感情移入しやすいストーリー。
天童さんが被災地に向き合った日々や、ダイビングシーンの創作、作品に込めた思いを語ってもらっています。
経験豊富なダイバーと思わせるほどのダイビングシーンのリアルな描写、私たちが忘れ始めている“あの日”と向き合うことの大切さ、天童さんが伝えたかったこと……
ぜひ、小説と併せてご覧下さい

そして2人目は、ダイバー本誌でも活躍中の古見きゅうさん
私が個人的に大好きな連載「水中写真家という生き方」に登場です!
“絶対に諦めない男”というサブタイトルが表す通り、挫折や失敗があっても何度もチャレンジしてチャンスをつかみ取る古見さん。
「運を引き寄せる方法がひとつだけあるとしたら諦めないことだって思うんです。何回もチャレンジすること。それしかない」
この言葉は、「引き寄せの法則は、願うこと」と努力しない私に突き刺さりましたよ
古見さんの表向きの活躍だけ見ていると、運がいいんだなとか恵まれているな〜とか思っちゃったりするんですけど、その裏にはものすごいたくさんの挫折や失敗、苦労、そして努力があるんです。
昨年、古見さんが上梓した「TRUK LAGOON」の出版記念パーティーの時、古見さんを陰ながら支えてきた河野透さんにお話を聞いたのですが、本当に古見さんの不屈の精神にはあっぱれでした。
古見さんの絶対に諦めない精神、胸の中で静かに燃え続ける熱い思い、そういったものを感じられるリポートをダイバーオンラインでもご紹介していますので、そちらも見てみてくださいね
https://www.diver-online.com/column/detail/id/5549/

そして3人目は、フォトジャーナリストの安田菜津紀さん。
安田さんは、写真絵本「それでも、海へ ー陸前高田に生きるー」を発表したばかり。
街を壊滅的な状態にした津波。それでもその海へ戻っていき、海とともに生きる人たち。その姿を通じて私たちが今考えるべきこと、関心を寄せることが見えてきます。
インタビューでは、安田さんが被災地の人々との触れ合いを通じて得た“気づき”や作品に込めた思いを語ってくれています。

他にも「美しきショップ自慢のおかみ」や「GWかけ込みダイビング計画」など、魅力的な企画がいっぱいの4月号
ぜひ、購入して読んでくださいね〜
http://diver.shop-pro.jp/?pid=98673652

裏ダイバーでは、取材裏や制作裏をちょっぴりご紹介しています
こちらも併せてご覧下さい
https://www.diver-online.com/special/detail/id/5798/
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。