スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自然について考えること by ITO

大学受験を控えた娘の面接練習や小論文チェックに、仕事&家事を終えた夜中、連日付き合っている。
動物が好きで、動物方面の学問を目指している娘が語る話を聞きながら改めて自然のことについて考えさせられた
山が川や森を作り、森が生物を育み、生物は食物連鎖を繰り返すという、自然界で起きている当たり前のことに、人間が介入して生態系を捻じ曲げてしまう
犠牲になっている物言わぬ動物たちは、いったいどのくらいいるのだろうか?
いや、動物だけでなく、人間にも跳ね返ってくる。
つまり人間は、自分で自分の首を絞めているようなもの。
ダイバーに人気の髙いオーストラリアのグレートバリアリーフでは、サンゴのオニヒトデ被害により、「危機遺産」の危機に瀕しているという。
海が大好きでダイバーになった私たち1人1人ができることは小さいかもしれない。
でも、「自然の中で遊ばせてもらっている」という謙虚な気持ちを常に持ち続けていくことが大切だと、娘の話から改めて感じさせられた。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。