超吸水セームタオルきた~♪ BY★ホシ★

きました。
待ちに待った。
「超吸水セームタオル」が届きましたぁ~♪

IMG_3018.png

自分たちで作っといていうのもなんですが、可愛いんです。
3種類とも雰囲気が全く違うけどすべて可愛い。
自分用とプレゼント用に6枚さっそく購入しちゃいました♪

この可愛さをご予約頂いた皆様に早く見て頂きたくて、
運送会社さんにはギリッギリの時間まで待ってもらって、
ご予約頂いたお客様分すべて発送しました!!

早く海で使いたいなぁ♪

「超吸水セームタオル」Diver Onlineのコラムでも紹介させて頂いております。
⇒ https://www.diver-online.com/column/detail/id/5596/


スポンサーサイト

ツーリズムEXPOジャパン2015終了 by ITO

世界各国からの出展者が自国の魅力をアピールする旅の祭典・ツーリズムEXPOジャパン2015が、9/24~27(一般日は9/26・27)に渡って、東京ビッグサイトで開催された。
毎年、仕事で訪れるものの、その華やかさと楽しい雰囲気に、ふと、仕事を忘れそうになる・・・・・・それほど魅力的なイベント
ダイバーにとって嬉しい、美しい海が広がるカリブや大洋州、アジアのエリアをはじめ、野生味溢れるアフリカ、華やかでおしゃれな雰囲気のヨーロッパ、そしてもちろん日本各地からも個性溢れるブースが出展しており、新しい発見がぞくぞく!
いるだけで何だかワクワクするイベントである。

来年も同時期に開催予定とのこと。
未体験の方はぜひ足を運んでみて下さい!


伊豆大島!byまつの

3252211053256.jpg


シルバーウィークに大島に行ってきました!
学生の頃はしょっちゅう行っていたのですが、かなり久しぶりでした。

今は地方に住む大学の友人がシルバーウィークに大島にいるというので、突如行くことにしたのですが、
ダイバースタッフに付き合ってもらい、女子3人旅♪

しかし…誘っておいて、宿もダイビングも予約が取れないという状況。。。
このままだとキャンプか?!
と内心ヒヤヒヤでした。
島の高校の学園祭があったり、シルバーウィークということもあり、とてもにぎわっていたようです。
なんとか無事に泊まることもでき、潜ってきました!

S__21258245.jpg

夕日もきれいでした~


車で島を案内してもらったので、美味しいコロッケとメンチカツも!
3252201248441.jpg

南部の波浮港にある鵜飼商店のコロッケです。
注文してから揚げてくれる、昔から地元の人に愛されている味。
美味しかったです。

船中1泊、島1泊だったので、あっという間に帰ってきてしまいました。
帰りは初橘丸!

S__21258242.jpg

私は大学で船の勉強をしていたこともあり、船が好きなので、新しい船にテンションが上がりました。

ただひとつ残念だったこと…
魚が食べられなかった!!
お店がとても混んでいて、晩御飯は断られたり、お店がやっていなかったり。
せっかく島に行ったのに、ホルモン焼き屋さんに行きつき…
美味しかったんですけど、やっぱり魚が食べたかったです。。。

月刊ダイバー10月号発売です! by.ひろい

no412_cover.png

月刊ダイバー10月号が発売になりました
今月も女性が大活躍〜の号となっております。笑

巻頭特集は、「元気になるフィリピン モアルボアル」
ダイバー誌で長年モデルを務めてている野口綾子さんが、数万匹のトルネードに巻かれ、滞在先のリゾートでオーガニック野菜にヨガ・・・と心身ともにリフレッシュ

「水深5mで、こんな景色に出会えるの」という衝撃のイワシトルネードに、ただただビックリ
実は海外でのダイビング経験がほとんどない私。その光景はもうただただ、口をあんぐりと開けることしかできないほどで・・・
こんな景色に出会ってみたいと、夢が膨らみました
そんな衝撃のシーンは、ぜひ誌面でチェックを

・・・もしくは、実際にモアルボアルへ行っちゃっても

さて、今回表紙も飾った野口さんですが、私がダイバーに入る前、ダイバー読者側だった頃(もう何年前かなー。←遠い目)、誌面に頻繁に登場し、表紙も飾ったりなんかして、もう当時のひよっこダイバーの私からしたら、ダイバー界のアイドルだったわけです。
そんな彼女、実は私と同じ年
ダイビングレベルも、外見も、戦っている土俵もまったく違うものの、勝手に親近感を覚え、ちょっと戦友感さえ漂ってきた今日この頃(笑)、久々の表紙を飾った今月号は、密かに「やった・・・」と思ったのでした。

同じように感じた、長年の愛読者の方がいたら嬉しいな〜

そして、もう一人。素敵な女性が登場してくれています。
昨年11月号で表紙を飾ってくれた、秋元才加さん
私と同じ名前〜(漢字は違うし、見た目は月とスッポンですが)
以前も書きましたが、AKB48時代に、劇場にお邪魔させて頂いて、一際輝いて見えたのが秋元さんでした。昨年はお美しいビキニ姿の秋元さんでしたが、今回は真逆のドライスーツ

これがまた・・・・・・

かっこいいっ
女性も惚れる女性ですよ、間違いなく。
昨年は、男性の心を掴み、今年は女性の心を掴むはず。

ドライスーツって、難しいんですよね〜。なかなか着こなせない。(いや、着こなすものではないかも・・・
ドライスーツ姿でも素敵だな〜、って思えるのって、ホント貴重だと思うんです。

しかも、、、そのドライスーツ姿で大量のコンブを抱えているわけですよ!
もうこれ、普通に考えたら美しい画になるはずないでしょってレベルですよ。
それが画になってしまう〜。神様は不公平だと思います。笑

話が大幅にそれましたが、その秋元さんが抱えるコンブには大いなるヒミツがあります。
このコンブは、北海道増毛町の磯焼けが進んでいた海中が、鉄鋼スラグにより蘇ったコンブの森のもの。
そもそも鉄鋼スラグって?それによって海が再生?
「?」マークが頭にいっぱい浮かんだ方も、過去のダイバーでもご紹介しているので「知ってるよ」という方も、秋元さんがリポートした「鉄鋼スラグによる、北海道の海の再生」、ぜひ読んでみて下さいね。
私も目からウロコ!でした。

他にも、パラオでフレッシュ感ハンパない遠藤三貴さんが、伊豆のリゾート大川ではモデルの菅野結以さんが登場。
華やかな号となっています

でもそろそろ・・・ゴニョゴニョ

と、言いたい気持ちは抑え(分からない方は、以前のブログを参考に!笑)、美女達の共演をお楽しみ下さい

そして、美女達だけではありません。
海外の海、日本の海、今月号では秋に輝くダイビングスポットがたくさん登場しています
本誌初公開となるタイのランタ島、アンダマン海クルーズ、峯水亮さんがキリトル伊豆大島、鍵井靖章さんが初めて訪れた久米島、阿部秀樹さんの日高×須江、むらいさちさんの鳥取県 田後、NEWショップがオープンした八丈島、群れがすごい田子・・・もう、挙げたらキリがないほど
魅力的な連載も、いっぱいありますよ〜〜〜

購入は書店で、オンラインストアで、電子書籍

そう、実は月刊ダイバーが電子書籍でも買えるようになったんです
月刊ダイバーは美しい写真が多いので、家でじっくり楽しむには紙がおすすめですが、情報もいっぱい載っているので、持ち歩きたい方には電子版がおすすめです
もちろん、両方買って使い分けるのがベストです
電子版は、付録がついていなかったり、一部誌面と違う場合もありますが、その分ちょっとだけお安くなっています。

タブレットなら、ストレスなく見られますよ

diver10go_mailmaga_04.jpg

Newsstandなら立ち読みもできます〜。

そして、裏ダイバーでは本誌の取材・制作裏をちょっぴりご紹介しています。
https://www.diver-online.com/special/detail/id/5586/
雑誌と一緒にご覧下さいね♪

最後に、忘れてはいけないのが付録です
月刊ダイバー35周年特別企画「海の特大ポスターカレンダー」

1510poster.jpg
鍵井靖章さんのフィリピン・アニラオの鮮やかな水中写真。キンギョハナダイが花吹雪のように舞う写真から、海に生きる豊かな生命を感じられます。

まだGETしていない方は、お早めに