最近話題のダイバースポット なごみ & 伊豆山 by 山お


最近ダイバーに話題の2エリアに行ってきました!
まずは、新宿から西武新宿線で約10分、野方駅にある「魚々酒場 なごみ」さんに行ってきました!

ダイビングサービスのKS DIVEさんと同じ店内にある、おしゃれな雰囲気なんだけどもアットホームな
居酒屋さん。店内の写真だけ見れば、六本木のような落ち着いた雰囲気のバーにしかどうしても見れません・・・。


おしゃれな水槽に落ち着いた店内、
なのにアットホーム感が全開の店長たなかさんと、こだわりの家庭系料理のミスマッチ!!


もうちょっと、お値段高くてもいいんじゃない?って思えるくらい大満足させて頂きました。
近くの方はもちろん、おひとりでも通いやすいお店と思うので、ぜひ皆様チェックです♪
お店の料理をちらっと紹介♪

なごみ



僕もまた今度プライベートで行く予定です。
なごみの皆さん、誠にありがとうございました!

詳しくは、こちらをチェック! → なごみ & KS DIVE



そして、実は昨日なんですが話題のダイビングポイント「伊豆山」へといって参りました!
熱海いずさんマリンサービスの大久保さんにお誘い頂き、海へと潜らせて頂きましたが、、、、
もうびっくり! 伊豆山は、その名の通り伊豆山神社がある歴史あふれる場所ですが、
エントリーした瞬間に大きな切石が!! 想像よりはるかに大きく、
ミステリアスな雰囲気が海を漂っておりました。

魚群や様々な生き物はもちろんのこと、透明度も15mほどあったのですが、
いざ潜ってみると伊豆の海とは思えないようなソフトコーラルやウミウチワ、カラマツが
そこらじゅうにわんさか群生しており、マクロ生物がひょこひょことのんびり生活していました。

いっぱい写真を撮ろうと被写体を追いかけていたものの、本当にソフトコーラルがそこらじゅうに
あるものだから足のやりばにすごく気をつかいました。そこらじゅうにありすぎてカメラに集中しすぎると
傷つけちゃいそうになっちゃうんですよね・・・。

今度行くときは、絶対にライトもっていきたい。それくらい水中がカラフルでもうなんといいますか・・、
んー、うまい表現が見つからない、悔しい・・・。
ナイトダイビングも絶対に面白いに違いない。奇跡のカラフルナイト・・・が待っている気がする。

うみカメラマンのむらいさちさんなんかが伊豆山の写真をとってくれたら、
すーーんごい衝撃的な記事ができそうな気がする・・・ すごく見たい、大久保さんとむらいさんのコラボ企画。



と、まぁみなさん百聞は一見に如かずということで、ぜひ皆さん伊豆山潜りに行ってみてくださいね♪

お問い合わせはこちらから↓
熱海いずさんマリンサービス

伊豆山の海や陸上の写真は、近日中にDiverOnlineにUP予定です!!


伊豆山神社にまつわる、ふしぎなふしぎなお話も聞きました。
歴女・歴男の皆様は、ぜひスタッフの大久保さんにお話を聞いてみてくださいね♪

伊豆山マリンサービスの皆様、一緒に潜ってくれた皆さん、
楽しいお時間を誠にありがとうございました!

初ドライ・OWコースのみなさんだったので、ぜひ今後もどこかの海で
お会いできることを楽しみにしております!   

                                      山お

熱海いずさんマリンサービス
スポンサーサイト

ハワイの香りがする!?ポップコーン by.ひろい

坂部編集長がハワイ土産に買ってきてくれたポップコーン
ビールと一緒に・・・と言っていたのですが、我慢しきれず先ほどオープン!笑

20141117_1.png
レンジでチン♪アツアツのポップコーンが食べられます

20141117_2.png
青い袋がポップコーンの素。左上の白い袋はバターソース、左下の銀色の袋はトッピング(今回のフレーバーはおせんべえ&のり)

青い袋をそのままレンジに入れて、約3分♪
1分くらいたつと、パチパチと弾ける音が始まり、袋が膨らんできます
それと同時に、夢も膨らみます

「わー、弾けてるっ!膨らんできたっ!」

童心に返って、わくわくしながら待つこの時間がすごく楽しい〜
そしてついに・・・

「チン♪」

ポップコーンの出来上がりを知らせる幸せの音が鳴りました

付属の袋にできあがったポップコーンと、バター、フレーバーの素を入れてフリフリ!混ぜます。

20141117_3.png
シャカシャカ楽しいっ

ポップコーンにのりとおせんべえ。不思議な組み合わせだけど、うまーい

20141117_4.png
食べだしたら止まらない!そして、バターで手がつやつや(?)に・・・

このポップコーン、値段は高めみたいですが、
楽しいし、美味しいし、簡単だし、私もハワイに行ったら絶対に買いたいです

編集長おすすめ、ハワイ土産でした☆


自然について考えること by ITO

大学受験を控えた娘の面接練習や小論文チェックに、仕事&家事を終えた夜中、連日付き合っている。
動物が好きで、動物方面の学問を目指している娘が語る話を聞きながら改めて自然のことについて考えさせられた
山が川や森を作り、森が生物を育み、生物は食物連鎖を繰り返すという、自然界で起きている当たり前のことに、人間が介入して生態系を捻じ曲げてしまう
犠牲になっている物言わぬ動物たちは、いったいどのくらいいるのだろうか?
いや、動物だけでなく、人間にも跳ね返ってくる。
つまり人間は、自分で自分の首を絞めているようなもの。
ダイバーに人気の髙いオーストラリアのグレートバリアリーフでは、サンゴのオニヒトデ被害により、「危機遺産」の危機に瀕しているという。
海が大好きでダイバーになった私たち1人1人ができることは小さいかもしれない。
でも、「自然の中で遊ばせてもらっている」という謙虚な気持ちを常に持ち続けていくことが大切だと、娘の話から改めて感じさせられた。

リベンジ! セルフダイビング検定!! by 山お

こんにちは!! 寒くなってきましたんね〜
お布団が恋しい季節、なかなか朝動けない季節がやってきました泣
みなさん、いかがお過ごしですかー???


じつは先月、セルフダイビング検定へとリベンジして参りました!!

10月に開催されたセルフダイビング検定だったのですが、
透明度もよく、富戸の脇の浜は透き通っててきれいでした!
初めて富戸の海に潜りましたが、検定ほっぽかして普通に感動してしまいました笑


セルフダイビング検定、何が面白いかといったらもう

スタッフさんが面白すぎる

と、まぁ冗談は置いときまして、(実際冗談でもない)
やはり、初心に帰れること!

自分のスキルを見直せるのも勿論なのですが、
みなさん、初めてダイビングをしたときのことを覚えてらっしゃいますか?

海の中に対するワクワク心、どんな魚が見られるのだろう・・・

こういった感覚、忘れていませんか??
僕はすっかり忘れていました。


検定の合間に、ベテランバディさんに頼りながらも
初めての富戸で、少しセルフダイビングをさせてもらいました。

この岩場辺りになんかいる気がする・・・(実際そこにはなにもいない)
なんでハナミノカサゴはこんな泳ぐのがへったくそなんだろう・・・(人のこと言えない)
動画めっちゃうまいこと撮れてるんちゃうこれ・・・(実際ポンコツ) ※下で紹介

セルフダイビングは自分のペースで泳げるので、
本当にいろいろなことを考える時間があるのです。

改めて思うことは、セルフダイビングをしていると魚を見つけるのってやっぱ難しい・・・ 
ガイドさんって、すごいなぁ〜とこういった気持ちも初心に帰ることができました。

いろんな面で初心に帰れるダイバー検定、
みなさんも、来シーズン受けてみてはいかがでしょうか??

ちなみに、今回の僕の点数は 145点でしたー★
僕より高得点の人には、何かプレゼントがあるかもしれません。
挑戦者、お待ちしております!笑

CHECK!! ↓↓
日本スキューバダイビング検定協会


そして! なんと今回! シーシェルさんのiphone用水中ハウジングをお借りすることができました!!
写真ももちろんiphoneクオリティですごいのですが、僕がオススメするのは動画!!

赤色とか、ライトもなしにすごく鮮明にでるんですよね!
ぶれっぶれですが、こちらをどうぞご覧下さい。笑

 

どうです、すごいでしょ?笑 え、わかんないですか?笑

iphoneも保険に入れば、ほぼ無いといわれている水没が起こった際も
低価格で大丈夫のようですよー! 海から上がって、すぐSNSでシェアできるのがいいですね〜♪

ご興味のあるかたは、ぜひSeashellさんをチェックしてくださいね♪

Seashell  ←こちらをクリック!


月刊ダイバー12月号発売です! by.ひろい

diver_cover1412go.png

月刊ダイバー12月号が発売になりました!
2014年の号は、なんとこれが最後
1年、あっという間だな〜としみじみ感じてしまいました。

さて、今月号の巻頭特集はダイビングクルーズ
モルディブのダイブサファリをはじめ、世界のダイビングクルーズが紹介されています。

リピート率80%というこの「モルディブダイブサファリ」。
実は、ダイビングをはじめた当初から、ずーっと私の憧れなんです
やはり月刊ダイバーで特集されていた「モルディブダイブサファリ」を見て(ちゃんと読者だったんです)、
「なんだこれ!すごい!行きたい!!!」と強烈に思ったのを今でも鮮明に覚えています。
当時の職場では、長期休みをとることができずで夢叶わず・・・
そして今は今で、諸事情あり、なかなか実現に至っておりません

でも、でも
今月号の特集を見ていたら、また思いが再燃してしまいました〜
「6つの願いを叶える」というのが、またいいですよね
ページをめくりながら、ときめきが止まりませんでした
というわけで、今月号を生かして最大限にイメージし、
「思考は現実になる」という言葉を信じ(昔からこういう本が大好きです。笑)、
モルディブダイブサファリへの妄想を膨らませています
妄想の材料だけにしておくのはもったいない、魅力たっぷり、情報満載の特集なので、
皆さんはぜひ、実際に行く計画を立てる参考にして下さいね♪

裏ダイバーでは、誌面では紹介しきれなかったモルディブダイブサファリの魅力をさらにご紹介していますよ♪
裏ダイバーはこちら

私個人的に、とてもおもしろかったのが
「現地ガイドは見た!2014年日本の海 『珍』事件簿」です。
全国のダイビングサービスのガイドさんから寄せられた、数々の珍事件。
「うっひょ〜!」という驚きの光景から、
「こんな場面に出会いたい!」という垂涎モノのシーンに加え、
あとからじわっとくる小ネタまで、さまざまな『珍』事件を楽しめました

他にもここではお伝えしきれない、魅力的な特集満載です!
ぜひ最新号をチェックしてくださいね♪

そしてそして、嬉しかったのが付録のクリアファイル
A4サイズはバッグに入らないので、このB5サイズは嬉しい
水色の水玉地に、とぼけた顔がかわいいミナミハコフグちゃん
悶絶のかわいさです
早速、愛用していますよ〜☆

furoku1412go.png
↑クリアファイルの表面。裏は、透明に黄色の水玉です!

さらに、今月からスタートした月刊ダイバー年間定期購読の
「まもなく35周年 冬のふとっぱらキャンペーン!」が超お得です!
なんと、年間定期購読申し込みで、もれなくオリジナルウォータープルーフバックをプレゼント

「オリジナルって月刊ダイバーとかロゴが入っちゃってるんじゃないの〜」と思ったそこのあなた!
大切な読者に、そんなダサイ(月刊ダイバーがダサイわけじゃないですよ)ものをプレゼントするわけないじゃないですか!
かわいいクマノミのイラストに「Love Ocean」でダイバー心をグッと掴む、
ダイバーズストアでも販売中の、ス・テ・キ!ウォータープルーフバックです

これは・・・今申し込むしかないです
詳細・お申し込みはこちら

食欲の秋、全開!by 岸本

突然ですが、「紀寿司」ってご存知ですか?
弊誌でも度々ご紹介している長崎県の上五島の中でも
奈良尾地区発祥のアジの姿寿司です。
IMG_1096s.jpg

とっても手間ひまかけて下ごしらえされているので、
骨がまったく口に当たりません。もちろんお味も抜群! 

先日、渋谷の宇田川町にオープンした
日本列島酒場 上五島」での試食会で頂く機会がありました。
(際コーポレーションの11店舗では11/31まで「上五島のごっつ。」フェアを開催中)

その紀寿司の実演コーナーで興味津々見ていたとき、
カメラマンのミヤジシンゴさんに初めてお会いしました。

お話ししてみると、ちょうど
しろめしの友」という本を出されたばかりのカメラマンさん。
JALの機内誌『SKYWARD』の食の連載を1冊にまとめたという、
なんとも美味しそ~~~な本です。
rice.jpg

しかも!
その「しろめしの友」を出版した記念パーティーがあるということで、
お誘いいただきました。
本で紹介されている“友”を実際に取り寄せるというユニークな集まり。
こんな美味しい話に乗らない手はありません!

会場に到着すると、ミヤジさん自ら松之山の自然薯を擦っている最中!
PB081376s.jpg

会場にはズラリと全国津々浦々から取り寄せられた“友”が並んでいます。
PB081377s.jpg

執筆者の山田やすよさんとミヤジさんのご挨拶を聞きながらも、
心はすっかり“友”に奪われ……
PB081378s.jpg

「どうぞ」の声とともに、あれもこれも!!!
欲張りました!!!

個人的には北海道のわさびたらこ、
ホヤ、甘えびの塩辛、そして熊本のやまうにを取り寄せようと決心。
PB081387s.jpg

それにしても、「しろめしの友」だなんて、
ネーミングからしてステキすぎます。
何人かで各自ご飯やマイ友を持参して、
「しろめしの友」プチ会なんていうのもいいね~と
同行者と話していました。

皆さんの“友”は、なんですか?