ステキ!シンカイ! by GO



最近読んだ本の中でお気に入りなのがコチラ、

「深海と深海生物」
美しき神秘の世界
|水深1万1000mまでの謎を解く|

です。

なにがお気に入りかと言われれば、

オールカラー

ということ!

このサイズ(A5版)で250ページ以上あるのに

あんな生物も、こんな生物も、

「ハイパードルフィン」や「PICASSO」や「しんかい6500」が

オールカラー

なのであります


そして冒頭に出てくる

「人はなぜ深海に惹かれるのか」

という磯崎氏のコメントを読みながら

ワクワクしてしまうのであります!


いつか「ちきゅう」に乗せていただける機会はないか、

会社の人に相談してみよう。
スポンサーサイト

テーマ : 最近読んだ本 - ジャンル : 本・雑誌

完熟マンゴー By 坂部

8月号下版までいよいよ大詰め!

ここまでくると時間との闘い。緊張感が漂っています……

と、そこに、思わぬプレゼントが!!
120629_br1.jpg

宮崎の完熟マンゴーだ!

わーいわーい。マンゴー大好き、しかもめちゃ高級品じゃないですか!

いっきにテンションアップしましたよ~

お味は……濃厚で芳醇、とっても甘くて、ホントに美味しかったです!

送り主は本誌で連載を持っていただいている山見先生。

先生は宮崎県日南市出身で、今は宮崎と東京を行き来するお医者様でございます。

先生ありがとうございます~!

張りつめた編集部に、やさしい、宮崎の風が駆け抜けました。

今年こそ、宮崎の海に潜りに行きたいな♪

ミッドナイトダイブ!?  by watai

東京・恵比寿で開かれた
「龍馬1号クルーズ」セカンドシーズン終了謝恩パーティに
おじゃましてきました。

龍馬1号』は、「大人が満足できるダイブクルーズ船」を
コンセプトに2000年に就航。
パラオをベースに、極上快適ダイブクルーズを展開している
ダイビング専用船です。
Ryoma1




「ダイビングは冒険!」「いろいろなことにチャレンジする」
挨拶の中でたびたび出た言葉どおり、
パラオの中でも最南部に位置するヘレンリーフへの遠征クルーズを実施したり、
オウムガイダイビングやミッドナイトダイブを
取り入れたりと常にポジティブ。

会場でも、ヘレンリーフ・クルーズのスライドショーや
ミッドナイトダイブの映像が上映され、
拍手とため息との連続です。

とくに、ミッドナイトダイブの映像は衝撃的でした。
深夜の海で出会えるのは、
親とは似ても似つかぬ半透明姿の稚魚や、
浮遊するクラゲに乗っかったジェリーフィッシュライダーと呼ばれる魚。
体長の何倍もの長さの背ビレを持つ摩訶不思議な魚、へんてこなエビ。
なにこれ〜、の連続でした。
映像を撮影した水中ビデオ撮影の第一人者・古島茂さんも
「ミッドナイトは本当におもしろい」と絶賛!
ダイビング、まだまだ奥は深いですね……。


Ryoma
参加者の皆さん。
『龍馬1号』無料乗船券などが当たった
ビンゴゲームも、盛り上がっていました。



粒ぞろい!by 岸本

じゃん!!
見てください、この宝石のような輝き
sakurambo.jpg

この時期の果物といえば、さくらんぼ
さくらんぼと言えば、山形。
山形と言えば、山形カシオさんです。

山形カシオさんが開発中の水中会話装置には、
月刊ダイバーもかかわっています。
そのご縁で、山形カシオさんから頂きました!

ありがとうございます。

スタッフ皆で、と~~~っても
おいしくいただきました

そして、もう1つのツブツブがこちら
choco.jpg

昨日の夜、南国ロケから帰ってきた
編集長のお土産、マカダミアナッツチョコレート。

今日のダイバー編集部は粒ぞろいです

プチ衣替え  by watai

月刊ダイバー主宰のポータルサイト「ダイバーオンライン」が
プチ衣替えしました。

DO_top20120618.jpg
ダイバーオンライン



地図付きになって、予約画面も見やすさUP。
「ダイビング始めてみた〜い」という方のための
情報もより充実です。

DO(ダイバーオンライン)チームは
このところ、機能の改修に猛チャージかけてます。
その勢いは、月刊ダイバー編集部に迫るほど。
ということで、
7月にも再度のリニューアルを予定しているようです。
次はどんな変貌をみせるか……、引き続きお楽しみに。

黄色のテープの正体は? by 岸本

umizaru_blog.jpg

昨日は映画『BRAVE HEARTS海猿』の
完成披露舞台挨拶に行ってきました。

できたてホヤホヤの~の映画を一足早く拝見。

その一幕でこの黄色のテープが。

なんだかわかりますか? 

正解はこちらを見たら、わかるはず!
https://www.diver-online.com/news/detail/id/887/
(ヒント:一番下の写真にまつわるものです)

デジカメで遊ぼう♪ byうさこ

今日、会社で面白いものを見つけました!

「OLYMPUS Tough TG-1」というデジカメなのですが、
これに搭載されている「マジックフィルター」なる機能が、すごく楽しい!!

いろんな種類があるので、使い分けて撮影できるんです。

たとえば、「フィッシュアイ」フィルター。これはいわゆる魚眼レンズみたいですね。
04.jpg


そして「スケッチ」フィルター。繊細なタッチでほのぼの系になります。
05.jpg


続いて「ロック」フィルター。なんともパンクで強い主張が感じられます。
06.jpg


さらに「クリスタル」フィルター。心なしかカエルさんが光ってます(?)
07.jpg


最後に「ミラー」フィルター。このフィルターが一番遊べました。
08.jpg

他にも、「ウエディング」、「水彩」、「ランダムタイル」などもあります。


これを機に、デジカメ買い替えようかしら……

八丈よいとこ、一度はおいで! by ITO

出張で八丈島へ行ってきた。
初めて訪れたその島の第一印象は、「緑がとっても綺麗!
島の至る所に豊かな緑が広がり、見ていて本当に気持ちいい
島にいた期間が、折しも台風3号の前後だったため、強烈な風と雨を体験したものの、逆に雨上がりの緑はとても鮮やかで、爽やかな風が吹くと青い香りがたちこめ、身体中が洗われるような気持ち良さ
また、台風一過の夜は星の輝きがとても美しく、宿の窓をあければ、潮の香を含んだ風が部屋に流れこむ。
騒音と濁った空気に囲まれた日々を過ごす身には、まるで天国のように感じられる島だった。
食事もいい。
島の郷土料理・島寿司をはじめ、明日葉を使った天ぷら、ビール、おそばなどなど、豊かな自然の恵みを受けて作られた数々の食べ物も飲み物も絶品揃い!
海はといえば、小笠原と八丈島だけで見られる固有種・ユウゼンをはじめ、数多くのウミガメが見られ、生物・地形ともバリエーション豊富。
そんな八丈島、ダイビングもアフターもまるごと気持ちいいから、皆さんぜひ、行ってみて下さいね!

月刊ダイバー7月号本日発売!  byきん

こんにちは。
日に日に気温も上がって来て夏もすぐそこといいう感じですね
その前に大嫌いな梅雨がありますが

さて本日は月刊ダイバー7月号の発売日です!
今月号の表紙は吉澤ひとみさん

今回はケラマの海をご紹介します。
よっすぃーが挑むケラマの豪快な海をご期待下さい!


噂のスポットへ AOKI@企画営業部

みなさんこんにちは
AOKI@企画営業部です。

最近はすっかり夏だ!という日が増えてきましたね。
今日も半袖であるいても日中は平気でしょう。
海に行きたくなる今日この頃です。

といいつつ、5月にOPENした東京の噂のスポットに行ってきました。
潜りにもいかずに何をしているんだ?という声、仕事をさぼって?とういう声も聞こえて
きそうですが。。。
さておき

この平日であいにくの天気でしたが、ツリーの周囲はカメラや携帯電話で撮影をしている人がたくさんいました。
またソラマチも盛況で入ろうかなと考えていましたが、人々の熱気を見てやめてしまいました。
展望台や水族館に行く人、お買い物をする人、周辺観光する人と様々ですが楽しんでいるようでした。

写真は、全景に近いカットです。
会社が東京タワーの近くということもあり、東京タワーが一番だ!と思っていましたが、結構やるじゃん。。。
とパチリ。


sky-tree (2)

今度は夜の撮影にチャレンジしてみます。

ちなみに東京タワーは、修理中です。
きっと、開業とともに先端の修理を行っているんでしょうね。(憶測)
それでは、また。