BILLABONGチロル by 岸本

今日はBILLABONGのプレスルームにお邪魔してきました!
今年の新作の水着やTシャツなどがズラ~リ。
あれこれ目移りしてしまうのですが、
ふと目に入ってきたのがこちら↓↓↓

billabong.jpg

BILLABONG オリジナルのチロルチョコです。

なんでもイベント用にオリジナルで制作したそうですが、
震災の影響で、イベント自体が中止にになってしまったとのこと。

「会社として、復興支援で何かされているんですか?」
と何気なくお尋ねすると、

「5000万円分のアパレルは即座にお送りして、
サーフィンの大会では缶詰などの食料品を
参加費の代わりにサーファーから持ってきてもらい、
それを集めて被災地に送りました」とのお返事。

オオォ~~ッ!

ダイビング関係でもたくさんの方が動きが出しています。

4月9日発売の月刊ダイバー5月号でも
関連記事を掲載いたしますが、
すでに始動しているものは、
こちら↓↓↓でも、随時ご紹介しています。
http://diver-web.jp/
http://diver-online.com/
(ニュース欄をご参照ください)





スポンサーサイト

八百屋のウサギ by ITO

自宅の最寄り駅のそばにある八百屋に、2羽のウサギがいる。
名前はクロちゃんとシロちゃん。
八百屋のおっちゃんの飼いウサギで、おっちゃんの仕事中はトラックの荷台に放し飼いになって、ぴょんぴょん跳ねていてとてもかわいい。

先日、会社から帰宅途中におっちゃんと話していると、
「この前、たまたまクロちゃんとシロちゃんがいなかった時、背の高いスーツ姿の若い男の子から、”今日はウサギいないの?”って聞かれたんだよ」と言われた。
背の高い若い男の子?
まさかうちの長男?
帰宅して聞くと、「そう、俺だよ」と。
「ウサギいなかったからどうしたのかな~って思っておじさんに聞いたんだよ」と。
おいおい、会社から帰る途中、スーツ姿でそんな可愛いこと聞くなんて…。

社会人になってもうすぐ2年目を迎える息子が、一瞬、昔の幼い表情に見えた気がしたのだった。

うさぎ

仙台の樋渡ご夫妻 by 岸本

タヒチやグアムの取材で、
理想的なダイバーズカップルとして、
本誌に度々ご登場いただいている樋渡ご夫妻。

お二人は仙台在住なんです。
奥様の美穂さんは宮城テレビのアナウンサー(愛称うっきー)、
旦那様の宏嗣さんは、仙台で劇団を立ち上げ活躍する俳優さん。

大地震の震源地を聞いたとき、すぐにお二人の顔が浮かびました。
土曜日に恐る恐るメールを送ってみると、
「二人とも無事だよ」との返事が来ました!

日曜日には仙台市内は電気と水道が復旧して自宅に戻れたようですが、
それまで宏嗣さんは避難所。うっきーは地震発生から
ずっと局に詰めたきりで帰れなかったと。

一番不安なとき、一番大切な人のそばにいられない
お二人の気持ちは、いかばかりか……

時おり全国区で放送されるTV画面で、
ヘルメット姿のうっきーが
落ち着いてニュースを読む姿を見たのですが、
こうして1人1人の後ろには何人もの人たちが
つながっているんだなぁ~と改めて思いました。

いってん、私はと言えば、
ここ2日ばかり電車不通のため、自宅待機をしていました。
原発のニュースを見ていると、このまま引きこもってしまおうか……
なんてことも思わなくはないですが、
東北地方の方々が懸命に乗り越えようとしているのに
悠長なことは言ってられませんね。

KC3I0061.jpg

この写真は、グアムでの樋渡ご夫妻の挙式時のもの。
(2006年6月号掲載のグアム撮影時。写真左は鍵井カメラマン!)
お二人にも恥ずかしくないよう、突き進まねば!

志津川の佐藤さん By 坂部多美絵

東北地方太平洋沖地震におきまして、

被害にあわれた皆様に心よりお見舞い申し上げます。

この4日間、ずっと心配しておりました

志津川のダイビングサービス「グラントスカルピン」の佐藤長明さんと

先ほど電話でお話しすることができました。

佐藤さんご夫妻は、お仕事で海外にいらっしゃり、先ほど成田に到着されたそうです。

ご無事だったこと、本当によかったです…。

たくさんの関係者の方々が同じ思いでいらっしゃったと思います。

佐藤さんはすぐにでも志津川に向かいたいと、お話しくださいました。

今は現地へ必要な物資を届けること、ご親族、スタッフの方々との再会を最優先にされています。

一刻も早く再会が果たせるよう、祈り続けております。

緊急地震速報 By 坂部多美絵

余震が続いております。

皆様は大丈夫でしょうか?

月刊ダイバーも物が雪崩れたり、パソコンの一部が壊れたりしましたが、

スタッフは皆無事でした。

数々のご心配メールいただき、ありがとうございました。

P1020305.jpg

電車が止まり、何人かは会社に泊まることになりました。

余震が怖いですが、メイクも落とし…

P1020313.jpg

テーブルに寝袋を敷いて

P1020314.jpg

P1020316.jpg

オフィスの前は大渋滞です。

これから帰宅されるかた、寒いのでお気をつけてください!

もし避難場所に困っているかたがいらしたら、弊社に足を運んでください。

電話 03-5730-6447

東北、とても心配です。

ボートショー いよいよスタート!! byマチダ

昨日予告させていただきましたボートショー、
いよいよ始まりま~す!!!!

さてさてブースの方はというと……



じゃーん!
進化しました☆

ボートショー01



ダイビングの面白さ、伝えるぞ~!!

ボートショー02



こちらは、こだわりのディスプレイっ☆

ボートショー03

マスクを被ったエビスダイです(笑)
探しに来てくださいね~~♪



ボートショーの詳細は、こちらです☆

ボートショー ただいま準備中!! byマチダ

いよいよ明日から始まる、
「ジャパン インターナショナル ボートショー2011」!!
パシフィコ横浜で、大小さまざまなボートの展示をはじめ、
ステージショーなどが楽しめるボートの一大イベントです☆

詳細は、こちらをチェック!

実は、「月刊ダイバー」もブースを出展するんです。
現地で準備中のスタッフから、実況photoが届きました↓↓

ボートショー

こんなんじゃ想像できない??

海好きが集まる“ボートショー”、
ダイビングの魅力をお伝えすべく、
素敵なブースに仕上がる予定です(笑)

仕上がりは、こうご期待!

会期は、6日まで。
会場でお待ちしていま~す♪

わすれたくない海のこと By 坂部多美絵

明日、3月3日発売の

「わすれたくない海のこと 辺野古・大浦湾の山・川・海」(偕成社 刊)

水中写真家・中村卓哉さんの渾身の1冊です。

110302_1.jpg

普天間飛行場の移設候補地「辺野古・大浦湾」周辺の環境を、

山から川、水中まで撮影した貴重な写真集です。

政争のいっぽうで、この命の循環を忘れていませんか?…写真1枚1枚に感じ入るものがあります。

「子供たちに伝えたい」という卓哉さんの願いもあり、

小学校低学年から読めるよう構成されております。

だからこそ、大人はもちろん、世界中の人々、

こと、世界中の政治家に読んで頂きたいと、強く願います。

3月10日発売のダイバー誌では、思いがけない撮影秘話や辺野古に寄せる卓哉さんの思いも

インタビューさせていただいておりますので、こちらもぜひ読んでいただきたいです。

110302_2.jpg

続いて、昨日読み終わった山崎豊子さん著書「運命の人」(文藝春秋 刊)

1972年に実際に起きた「沖縄密約事件」をモデルにした小説です。

登場する政治家の名前は、ほぼ誰だか分かる程度に少し変えられているぐらいで、

事件をかなり忠実に再現しています。

日米間で交わされるとんでもない密約、

戦後の日米関係、

日米地位協定のこと、今なお兆しが見えない米軍基地問題…

知らなかった沖縄の痛みが、たくさん書かれていて

やりきれない思いと、悲しみ、怒りがこみ上げてきます。

これ以上、罪のない人、自然、野生生物を巻き込む事も、

基地も戦争も、体裁だけを繕った契約も、すべて無くなってほしい。

日本はもっと声をあげるべきだと強く感じました。