DIVER6月号 本日発売!

DIVER_1706_cover_.jpg

こんにちは!月刊DIVER編集部です。

本日発売の「DIVER」6月号は、大島優子さんがナビゲートするサイパン!
ダイビング歴3年の大島さんが初めて出会ったマリアナブルーの海の魅力とは?

さらに、世界遺産と海を堪能するカンボジアやメキシコ・カボプルモ、大物から固有種までダイバー欲を満たしてくれるモルディブ・ダイブサファリ、国内も宮古島、石垣島、上五島など旬のエリアを紹介。2017年のフィンカタログや、タラ号日本初寄港など最新の話題も満載です。

大島優子 サイパンに夢中
日本から3時間ちょっとでアクセスできるサイパン。身近な島でありながら、澄み渡る空、鮮やかな花々、極上ビーチ、そして世界屈指の透明度を誇る「マリアナブルー」の海……と、心を揺さぶられる景色にあふれている。中でも「自然が好き」という大島優子さんが夢中になった景色とは?

世界遺産と穴場ビーチを旅するカンボジア
人気の世界遺産ランキングでつねに名前が上位に挙がるアンコール遺跡群。そして、まだまだ日本人には知られていない穴場ビーチのシアヌークビル。世界遺産を巡り、未知の海をダイビングする旅を紹介しよう。

宮古島
ゆるフォト写真家として本誌でもおなじみのむらいさちさんが、海に陸にスイーツに、宮古島の海旅島旅の紀行をお届け! さらに宮古島で潜りたい地形ポイントを水中マップとともに紹介するコーナーにも注目です。

最新号のご案内はこちらからチェックを★

公式インスタグラム @DIVERMAG では毎日海の写真を更新しています!
「#DIVERMAG」とタグ付された写真の中から編集部お気に入りの写真は本誌にも掲載されますので、ぜひフォロー&投稿してください!

6月号のお求めは全国の書店、もしくはDiver's storeにて。
Diver Onlineでは、取材の裏話や制作秘話などをご紹介しています!
あわせてチェックすれば楽しさ倍増ですよ〜
>>裏ダイバーをチェック!
スポンサーサイト

DIVER 5月号 本日発売!

通常版cover

こんにちは!月刊DIVER編集部です。

本日発売の「DIVER」5月号は、いよいよ本格シーズンを迎える石垣島が巻頭です!
さらに、人気アニメ「ラブライブ!サンシャイン!!」とのコラボ企画や、本誌初登場のホホジロザメのケージダイブinグアダルーペ、タイ・タオ島、フルフェイスマスク特集など、新しい話題も盛りだくさんでお届けします!

石垣島 とことんマンタの物語
とことんマンタにこだわった石垣島の特集です。今年こそはマンタに会いたい!というかたはもちろん、「八重山のマンタをめぐる40年のストーリー」などリピーターも楽しめる内容にも注目です!

大瀬崎特集 「ラブライブ!サンシャイン!!」コラボ
静岡県沼津市の海辺を舞台に繰り広げられる青春ストーリー、アニメ「ラブライブ!サンシャイン!!」とのコラボ企画。キャスト(声優)の伊波杏樹さん、逢田梨香子さん、諏訪ななかさんの3人が大瀬崎で体験ダイビングにチャレンジしたり、「ラブライブ!サンシャイン!!」ゆかりの沼津の観光スポットを巡ります。

圧巻のケージダイブ、メキシコ・グアダルーペ島
あのホホジロザメに会える海として有名なメキシコのグアダルーペ島が本誌初登場! アメリカをはじめ、世界中から集まってくるダイバーを魅了してやまない、最強の海のハンターを存分に堪能できるケージダイビングを体験!

・・・他、魅力的な内容が盛りだくさん!

最新号のご案内はこちらからチェックを★

公式インスタグラム @DIVERMAG では毎日海の写真を更新しています!
「#DIVERMAG」とタグ付された写真の中から編集部お気に入りの写真は本誌にも掲載されますので、ぜひフォロー&投稿してください!

5月号のお求めは全国の書店、もしくはDiver's storeにて。
SPECIAL EDITIONはAmazonと一部ショップのみの限定販売。特別付録の両面ポスターつきです。

SPECIAL EDITION cover

月刊DIVERのwebサイトでは、取材の裏話や制作秘話などをご紹介しています!
あわせてチェックすれば楽しさ倍増ですよ!!

裏ダイバーもチェックしてくださいね!

DIVER 4月号 本日発売!



こんにちは!月刊DIVER編集部です。
本日発売の「DIVER」4月号は、滝沢秀明さんが初登場! 
モルディブの最旬リゾートにて、
優雅に、アクティブに過ごすタッキー流ダイビングヴァカンスに密着します!
ワイルド・ビューティな表紙にも注目です!!

さらに写真家、竹沢うるまさんによる撮り下ろしのクック諸島、
アシカと遊べるラパス、
新拠点ができた神奈川・三浦の海、
写真家・古見きゅうさんの新連載「ニッポン海めぐり」など、
新しい話題満載でお届けいたします!

ここで一部をピックアップ……

次の、モルディブ
Part.1「滝沢秀明 最旬リゾートヴァカンス」
只今ダイビングにハマリ中のタッキーが、バア環礁に位置する話題のリゾート「アミラフシ」「フィノール」を拠点に、珠玉の水中シーンを堪能します! メディア初のダイビング姿や、得意の水中写真にもご注目!
Part.2では、人気ガイド、カオリータさんがオペレーションする新クルーザーを本誌初公開! まるでリゾートホテルのようなボートでの夢見心地の洋上ステイをお届けします。
もちろん、5~11月にかけてバア環礁で見られる圧巻の「ぐるぐるマンタ」の情報もお届けします!!

ポリネシアの秘境 クック諸島
太平洋の真ん中に位置するクック諸島は、ハワイ、タヒチ、ニュージーランドと同じポリネシア文化圏にあり、今もなお独特の文化が息づいています。煌めく水中、絶景ビーチ、知られざる魅力が詰まったクック諸島を写真家・竹沢うるま氏の撮り下ろし写真で綴ります。

水中写真家が選ぶ、人生を変えた1冊
独自の世界観を持ち、自らのテーマを追い続ける水中写真家たち。その思想や生き方に影響を及ぼした運命の1冊を、中村宏治さん、高砂淳二さん、越智隆治さん、峯水亮さん、尾崎たまきさんにご紹介いただきます!

最新号の情報はこちらから

公式インスタグラム @DIVERMAG では毎日海の写真を更新しています!
「#DIVERMAG」とタグ付された写真の中から編集部お気に入りの写真は本誌にも掲載されますので、
ぜひフォロー&投稿してください!

4月号のお求めは全国の書店、もしくはDiver's storeにて。
月刊DIVERのwebサイトでは、取材の裏話や制作秘話などをご紹介しています!
あわせてチェックすれば楽しさ倍増ですよ!!

DIVER 3月号 本日発売!

1703_covera.jpg

こんにちは!月刊DIVER編集部です。
早いもので、本日発売の「DIVER」も3月号! 
「そろそろ春~夏の旅計画を立てたい」という方も多いのでは?今月号では、旬の海を探している方にピッタリの旅先や、まだ寒い国内の海を快適に潜るための防寒術、ダイバーのための保険の常識などなど、バラエティ豊かにお届けします!
さっそく一部特集をご紹介!

フィリピン再発見
「ラストフロンティア」と呼ばれる北パラワン。3~5月にはジュゴンとの遭遇率がアップする他、手つかずのサンゴ、水温38℃の不思議な温泉湖ダイビング、野生動物と触れ合える陸上アクティビティなど、他のダイブサイトと一線を画する魅力に迫ります。さらに、ボホールの最新アクティビティを交えた旅スタイルも紹介!

大島優子さん スペシャルインタビュー
近年Cカードを取得し沖縄や伊豆などを潜ってきた大島優子さんが、このたびメキシコでのダイビングを果たしました! 不思議な水中洞窟・セノーテや、ジンベエザメと一緒に泳ぐスペシャルな体験を、ご自身の言葉で語っていただきます!

ダイビングライフを彩るフィンアートの世界
南国の花々を描く「フィンアート」に注目。今回はフィンアートの第一人者にご登場いただき、数々の作品や、描き方のコツなども教えていただきました。部屋に飾れば、気持ちはいつも海の中!

最新号の情報はこちらから

公式インスタグラム @DIVERMAG では毎日海の写真を更新しています!
「#DIVERMAG」とタグ付された写真の中から編集部お気に入りの写真は本誌にも掲載されますので、
ぜひフォロー&投稿してください!

3月号のお求めは全国の書店、もしくはDiver's storeで
月刊DIVERのwebサイトでは、取材の裏話や制作秘話などをご紹介しています!
あわせてチェックすれば楽しさ倍増ですよ〜
>>裏ダイバーをチェック!


DIVER2月号 本日発売!

1702_H1.jpg

こんにちは!2017年がスタートしました! 本年も宜しくお願い申し上げます。

本日発売の「DIVER」2月号では、そんな新春にふさわしいスペシャル企画をご用意! なんと日本の水中写真家19人が一堂に会し「奇跡の1枚」を披露します! また、タヒチ、ジープ島、パラオ、石垣島をはじめ、ダイバー垂涎のダイブサイトや、一見そっくりなウミウシの見分け方、ナイトロックスなど、一歩踏み込んだ企画にも要注目です。そして付録もスペシャル! 読者の方々の水中写真で綴った2017年カレンダー「みんカレ」です!

楽園タヒチの島選び

野生のイルカとダイビングで出会える唯一の海・ランギロア、“魚の壁”が圧巻のファカラバ、本誌初潜入となるタハア&ライアテアを写真家・鍵井靖章氏がリポート。水中も陸上もそれぞれに個性が光る島々、あなたならどこを選ぶ?

水中プロカメラマン19人が撮った!奇跡の1枚

海の中はまだまだ未知の世界。そんな海を中心に撮影を続けているカメラマンたちが選ぶ、自身の「奇跡の1枚」とは? 心揺さぶるコメントとともに紹介します。さらに、第一線で活躍する中村征夫氏と高砂淳二氏の対談「奇跡の1枚はこう作られる」にも注目!

そっくりさんウミウシの見分け方

多くのダイバーに親しまれているウミウシ。けれど似たようなウミウシがいろいろといて、見分けられない……。そんな悩みを解消すべく、見分け方ABCをイラスト付きで大公開! 違いがわかるようになると写真撮影もウォッチングも楽しさ倍増ですよー

・・・他、魅力的な内容が盛りだくさん!
最新号のご案内はこちらからチェックを★

DIVERオンラインの「裏DIVER」では、取材秘話も公開中。雑誌片手にHPを見れば楽しさ倍増ですよ。
https://www.diver-online.com/special/detail/id/6040/

公式インスタグラム @DIVERMAG では毎日海の写真を更新しています!
2月号からインスタグラマーの新連載もスタート!
「#DIVERMAG」とタグ付された写真の中から編集部お気に入りの写真は本誌にも掲載されますので、
ぜひフォロー&投稿してください!

月刊DIVER 1月号 好評発売中!

1701_cover.jpg


こんにちは!更新が遅れましたが、「DIVER」1月号、好評発売中です。
街はすっかりクリスマスムードですね。1月号はそんな時期にピッタリのテーマ。「2人の逃避行」と題し、カップルダイバーにオススメのダイビングエリアをご紹介! 巻頭特集ではテレビ番組で誕生した話題のカップル伊東大輝さん、島袋聖南さんがロマンティックかつアクティブに過ごせるニューカレドニアへ。その他にも、カップルにオススメなダイビングエリアの紹介や、リアルなカップルダイバーにご登場いただく企画もあります!
さらに、世界のダイブクルーズ、久米島のザトウクジラ、北海道、バディダイブ、モルディブなど、この時期ならではの旬な情報が満載です!

■伊東大輝×島袋聖南 カレとカノジョのニューカレドニア

ブラックマンタが舞う美しい海に加え、南仏の港町のような街並みと、絶品グルメ。バカンス感あふれるリゾートは、カップルたちの心をとらえて離しません。人気番組で出会った大輝くん、聖南ちゃんのリアルカップルがニューカレドニアの中心都市、ヌメアに初上陸。「一生忘れられないかも」と2人が話した、ロマンティック&エキサイティングなとってこきのダイブバカンスの様子をお届け!

■久米島、冬の風物詩 ザトウクジラと泳ぐ

久米島には1~3月の間、100頭近くものザトウクジラが求愛、子育てのためにやって来ます。25年前からその生態を観察し、ウォッチングの在り方を研究し続けている川本剛さんが、ザトウクジラとのリアルな交流を綴ります。

■冬こそ、北海道!

冬の北海道。雪に覆われ静まりかえる陸上とは裏腹に、海中では生き物たちがこの季節ならではのアツいシーンを見せてくれます。北の海の真の醍醐味が味わえるのは、まさにこれからです!「知床の流氷」「函館・臼尻の繁殖パラダイス」「積丹のアイドル・ゴッコ」と、3つのテーマで魅力に迫ります。

― ― ― ― DIVERプロデュース「UMI CAFE」情報 ― ― ― ―
★1月号と連動。店内がニューカレドニアに!★
― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ―

DIVER運営の渋谷宇田川町にあるUMI CAFEでは、1月号と連動して、12/10~1/9の1か月間、店内の写真パネルが、すべてニューカレドニアに!
テレビ番組で誕生した話題のカップル伊東大輝さん&島袋聖南さんがロマンティックかつアクティブに過ごしたニューカレドニアの思い出ショットが満載です。ニューカレドニアのマンタビールも650円で提供中です!

詳しくはこちら!
https://www.diver-online.com/news/detail/id/3021

・・・他、魅力的な内容が盛りだくさん!
最新号のご案内はこちらからチェックを★

DIVERオンラインの「裏DIVER」では、取材秘話も公開中。雑誌片手にHPを見れば楽しさ倍増ですよ。
https://www.diver-online.com/special/detail/id/6022/

月刊DIVER 12月号 好評発売中!

1612covera.jpg

本日、11月10日は月刊DIVER 最新号の発売日です!
巻頭は、ダイバーなら誰もが憧れるパラオの大特集!
これまでも多くのダイバーを魅了してきたパラオですが、
さらなるポイント開発や、謎だった生物の生態解明がなされ、
新しいダイビングスタイルが続々と確立されています。
初めての人も、リピーターも、この1冊で本格シーズンを迎えるパラオに備えてみては?

ここでチラリと中身をご紹介

どう遊ぶ?パラオ
パラオ特集のPART.1は、キスマイの北山宏光さんがナビゲート!初の海外ファンダイブを果たした北山さんを待ち受けていたのは、これまでに経験したことのないエキサイティングかつ神秘の世界!
さらに、最近話題のマダラハタの大産卵、歴史をたどるレックダイビング、ダイブクルーズ、ミッドナイトダイブなど、6つのテーマでパラオに迫ります!

中村征夫 最新写真集「美ら海 きらめく」Special Gallery & Interview
沖縄返還前から約45年に渡って沖縄を撮り続けてきた中村征夫さんが、新たな写真集を発表。生命の輝きに満ちた海を紹介するとともに、沖縄でのエピソードや写真集に込めた思いなどを中村さんにインタビューしました。

鉄鋼スラグで蘇る生命の森 荒俣 宏の新発見!
製鉄過程で生まれる副産物「鉄鋼スラグ」は、道路用路盤材など多岐に利用されています。さらにその鉄養分は藻場やサンゴの再生にも活用されています。その模様を、荒俣 宏さんが実際に潜って観察。感動と新発見に満ちた壱岐の海をリポート。


さらに、石垣島、古座、みなべなどの国内特集、オーバーホールなど、情報満載でお届けしております!!!


公式インスタグラム @DIVERMAG では毎日海の写真を更新しています!
「#DIVERMAG」とタグ付された写真の中から編集部お気に入りの写真は本誌にも掲載されますので、
ぜひフォロー&投稿してください!



12月号のお求めは全国の書店、もしくはDiver's storeで
月刊ダイバーのwebサイトでは、取材の裏話や制作秘話などをご紹介しています!
あわせてチェックすれば楽しさ倍増ですよ〜
>>裏ダイバーをチェック!

【 Information 】
DIVER ONLINEにログインできない会員様

以下のページにて仮パスワードのご案内をしておりますのでお試しください。
仮パスワードでログインできましたらすみやかに新たなパスワード設定をお願いします。
※SNS連携にてログインできない方はおってご案内いたしますのでしばらくお待ちください。

>>仮パスワードご案内ページはこちらから

みんカレ2017 写真募集中!  締め切りは11月20日

みんカレ2017


DIVER編集部が、皆さんの撮影したお気に入り水中写真を、
2017年カレンダーにします。
腕自慢派も腕試し派も、どしどしエントリーください。
部門は6つ。自分が撮った水中写真の中から、
各部門に合った画像をチョイスして、メールで応募を!

出来上がったカレンダーは、
DIVER2017年2月号(1/10発売)の特別付録として、
全国の皆さんにお届け、希望者への特別配布も行います。 

募集要項

◎応募条件
・応募は1人、1部門、1点。最大で1人6点まで応募できます。 
・応募の際には、画像のファイル名を下記のとおり付け直してください。
「部門記号(A〜F)_掲載用ニックネーム」
(すべて半角の小文字英数字で記入してください)
例>>>ニックネーム「イルカ好き」さんが「A部門クマノミ写真」を応募す
る場合、「A_irukasuki」となります。
※画像は、応募者自身が著作権を有するデジタルの水中写真に限ります。
※画像データでの応募になります。プリント写真やスライドでの応募はできません。スライドで撮影した写真は、デジタルデータに変換して応募ください。
※画像は、.Jpg(ジェイペグ)形式に限ります。
※解像度不足の画像は失格となります。また、メール応募につき、大画像はリサイズし
て応募ください。 画像サイズの目安は、1点につき500KB〜3MB(900×1600pixel〜
1800×2400pixel)とします。
※カレンダー制作の関係から、横位置(横長)の写真限定です。
※画像のトリミングはかまいません。デジタル加工は、現像に伴う加工(シャープネス、
色調、コントラスト調整)やゴミ取りは可ですが、ピクセルの移動やコピー、合成など
を施した作品は失格とさせていただきます。

◎部門
A クマノミ
B ウミウシ
C 大物
D 風景
E 顔
F 群れ 

◎応募方法
下記応募必要事項を明記したメールに、画像を添付して応募ください。

◎応募必要事項
部門
掲載用ニックネーム
本名
メールアドレス
連絡先電話番号
※メールへの添付は1通/ 6MB以下で。 超える場合には複数メールで応募ください。
※件名には、「みんカレ応募_ニックネーム_○通目」と入れてください。

◎応募期間>>2016年10月10日〜11月20日

◎発表・その他
>>各部門ごとに優秀作品10〜20点を掲載します。
>>応募規定に反する写真、応募要項が不備な写真は失格となります。
※応募画像は返却できません。
※結果に関するお問い合わせには、一切応じられません。

みんカレ2017専用応募先
>>min17@diver-web.jp

公式サイトDIVER ONLINE メンテナンスのお知らせ

logo.png


月刊DIVERの公式サイト「DIVER ONLINE」は、
ただいまシステムメンテナンス中のため、サービスを一時停止しております。
メンテナンス終了まで、いましばらくお待ちください。
お客さまにはご不便をおかけいたしますが、
何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。



なお、DIVERの通信販売に関しましては、
ダイバーズストアをご覧ください。
http://diver.shop-pro.jp

DIVER 11月号 本日発売! 

1611coverN.jpg

こんにちは!
3連休の初日、いかがお過ごしですか?
さて、本日、DIVER最新号発売です!

11月号の中身をちらりとご紹介しますと……
これから本格的シーズンを迎えるオーストラリアを大特集!
Part1は、若手水中写真家・関戸紀倫氏が、車で東海岸北部をデッカく巡る旅。伝説の沈船「ヨンガラレック」を皮切りに、世界最大のサンゴ礁、グレートバリアリーフを目指します。
Part2では、越智隆治氏による「オーストラリアで会いたい!海の人気者」をグラフィカルにご紹介
Part3では現地在住のガイドや、ワーキングホリディ、在住日本人ダイバーなどをインタビュー。
HAPPYなオーストラリアの日常を披露していただいています。
Part4では、Part1で写真と文を担当した関戸紀倫氏のインタビュー。以前オーストラリアに住んでいたこともあり、ローカル的な視点でオーストラリアを語っていただいています。

今話題のブラックウォーターダイブの世界も大きくフィーチャー
夜の海に光のステージを作り上げ、昼間とはまったく違う生き物たちを観察する「ブラックウォーターダイブ」。
海底に設置する水中ライトは30以上、妖しく照らし出された青い空間では、どんな出会いが待っている??
久米島で開かれた水中写真家・峯水亮さんプロデュースの「ブラックウォーターダイブ」に参加しました。

石田靖さんがゆく!初めての玄界灘@佐賀県・唐津
世界有数の漁場として知られる九州北西部の玄界灘。中でも唐津は深い山々と沖に点在する島々に守られた天然の良港として、古くから知られています。海の中にも歴史が息づく佐賀県・唐津を、吉本新喜劇の石田 靖さんが初潜り!

さらにさらに、旬の海外や、コンパクトデジタルカメラでとっておきの水中写真を撮る方法、MOBBY'S×DIVERコラボの女性用ウエットスーツ完成!などなど、見て読んで楽しい情報が満載です!


公式インスタグラム @DIVERMAG では毎日海の写真を更新しています!
「#DIVERMAG」とタグ付された写真の中から編集部お気に入りの写真は本誌にも掲載されますので、
ぜひフォロー&投稿してください!



11月号のお求めは全国の書店、もしくはDiver's store
月刊ダイバーのwebサイトでは、取材の裏話や制作秘話などをご紹介しています!
あわせてチェックすれば楽しさ倍増ですよ〜
>>裏ダイバーをチェック!